システム

建設労働組合管理の機能で早くおうちに帰ろう!

建設労働組合管理を運用する中でこんなご要望はありませんか?
「組合員の個人情報や国保加入情報を管理したい。」
「異動状況の変化に伴う料金の変化や遡及を簡単に対応したい。」
「各種収納方法に対応したい。」
このようなご要望はパッケージソフトでシステム化できることをご存じですか?
システム化すれば早く帰宅することができます。
今回は早く自宅に帰れる、建設労働組合管理システムの機能を解説いたします。

建設労働組合管理 組合国保システムの機能

建設労働組合の皆様、「組合に入りたいな!」と思う人、つまり組合員となる人の理由は様々あると思います。
各組合独自の管理方法も様々かと思います。そこで、組合加入してくれる組合員さんの管理をどのような方法で管理しますか?

「申込用紙を台帳として管理する。」
「申込用紙の情報をExcel等に転記して管理する。」
「既にシステム化している。」

色々な方法があると思いますが 「組合国保システム」では組合員さんの個人情報をトータルで管理できます。

さっそく以下で説明させていただきます。

建設労働組合管理 機能① 組合国保システム「組合加入と国保加入脱退」

組合員になる方は、いろんな選択肢の中から建設労働組合を選んで組合加入しようと思ってくれたのだと思います。中には「親方の勧め。」「事業所が加入しているから。」或いは一人親方で「国保に加入したいから。」等、働きかたや職場環境で理由は様々だと思います。

しかし、理由はどうあれ組合に加入してもらえる組合員さんの情報は申込用紙の記入内容、更には添付していただく資料も満載です。

そのような情報は受付審査完了後、組合員さんの組合員情報として管理します。そこで一人ひとりにシステム固有の番号を割り当てます。数百、数千人の組合員の情報も台帳をめくることなく対象の組合員さんの情報を閲覧、更新ができます。
残念ながら、組合を脱退される方もいらっしゃるでしょう。脱退登録で「いつ、どのような理由で辞めるのか」を登録します。

様々な事由を蓄積することで加入脱退の状況を分析し、加入促進、脱退予防の対策に役立てることが可能ではないでしょうか?

建設労働組合管理 機能② 組合国保システム「資格得喪」

次に、組合加入する理由としてあげられる国保加入です。
実際は、組合に加入する理由として、「建設国保加入」が目的ではなく、「労災保険に加入するため」の目的の組合員さんもいらっしゃると思います。
ここでは、「建設国保加入」にフォーカスしてお話させていただきます。

みなさん、体調がすぐれないとき病院に行きますよね。受診時に保険証を提示し、受診後の精算の際に該当負担割合分の診察料金を支払っています。
医療機関で受診するにあたり私も含め、皆さん医療費を全額負担することはないと思います。

つまり、なんらかの健康保険組合に加入し保険料を納めているからです。

組合員さん、またはその家族が「国保に加入する。」「国保加入資格を得る。」場合、国保組合に保険料を納付していただかなければなりません。

では、誰が資格を持つのか?組合員本人さんは勿論ですが、扶養家族?続柄は?何歳(生年月日は?)性別は?何人? そして、いつから資格を取得するの?
といった情報が必要になります。

組合の運用としては、組合員さんに対して必要な書類を提出していただかなければなりません。提出していただいた書類を元に審査し不備がなければ晴れて資格取得です。
これは、資格を喪失する場合も同じです。

収めていただく保険はいくら? また、資格喪失の場合は、還付金額は発生している?と云うことになります。そこで、資格情報をシステムに登録することで保険料の金額計算を取得日(喪失日)から自動で行います。勿論、全喪、得喪(遡り加入、脱退)にも対応しています。

次章で保険料の収納のご説明いたします。

建設労働組合管理 機能③ 組合国保システム「料金の収納」

加入(資格取得)をして頂いた後、今後はどのような方法で組合員さんから料金を徴収するか?となりますよね。概ね次にあげる方法が一般的だと思います。

「銀行系引落」
「ゆうちょ引落」
「現金」
「振込」
 などでしょうか。

更に細かい設定として例えば
「科目ごとに引落日を変更したい。」
「科目ごとに収納方法を変えたい。」
「事業所で従業員分を纏めて引き落としたい。」
「親子で引落口座を纏めたい。」
など様々なニーズがあがってくるでしょう。

そのニーズに本システムは柔軟に対応できます。
場合によっては複雑な運用になりますが、組合員さんの要望に対応することが可能となります。

まとめ

少し飛躍するかもしれませんが、この業界ではシステム化をすることで全てが自動化されることや、在宅勤務などは今後もないと思います。(※これはあくまで私の主観です)窓口には新規加入希望者、変更届を持ってくる人、中には難儀な要望を言ってくる組合員さんもいるかもしれません。そんな日常様々な用事で出入りがあると思います。

組合員さんは多忙な時間を割いて、諸手続きを行いに窓口にやってきます。

何度も何度も出向いてくる時間はない状況ではないでしょうか?
勿論、局員としても少ない回数で諸手続きを完了させたいはずです。

「手続き作業は簡潔にミスなく完了させる!」

これが実現できれば、組合員、局員ともにWin * Win(ウィンウィン)ではないでしょうか?
つまり・・・

「みんな早くお家にけれる?」のではないでしょうか

そんな理想に近づけるような組合国保システムをご提案させていただきます。

「システム」の関連ブログ